キャッシング審査を細かく掘り下げろ!!

キャッシングと人間関係

 

キャッシングと人間関係

友人、恋人、または家族なんかからお金を借りた経験があるという方は少なくないと思います。しかし、知人からお金を借りることは、人間関係において、大きなトラブルを引き起こす原因ともなります。もちろん、知り合いなので利息を支払う必要も審査もありません。ところが、それ以上に大きな代償を支払うことになる場合も・・・。

 

たとえば、お金が2〜3日で返せたとします。それでも「お金の問題は嫌だな・・・」と感じるはずです。また、これが1カ月、3カ月、半年と返済が長引いたらどうでしょう?貸している側はだんだんと「随分、お金にルーズなひとなんだな。もう嫌だ。」と思い始めることでしょう。お金の問題は、人間関係をこじらせてしまいます。それが、兄弟、姉妹、両親だったとしても、お金の問題は関係をギクシャクさせてしまいます。

 

このような問題を起こさないためには、多少の利息を払ってでもカードローン会社やクレジットカードを使ってキャッシングするほうが良いのではないでしょうか。また、しかるべき場所でお金を借りる分には罪悪感を感じる必要もありません。人間関係が悪化することもありませんし、精神的負担を減らすこともでき一石二鳥です。キャッシング業者とは、まさにそのためにあると言っても良いかもしれません。

 

キャッシング業者とお金を貸してくれる知人の違いとはなんでしょうか。まず1つは他人と知人であるというところです。お金を貸してくれる知人は当然、相手がどのような人間なのかを知っています。「お金を返さないよう人ではない」と知っているからこそお金を貸してくれるわけで、一方の業者は、相手の人間性を全く知りません。だからこそ審査が必要になるわけですね。

 

もう1つの違い、それは業者は商売で貸していて、知人は親切で貸しているという点。知人は相手が困っているから力になりたいと思い、お金を貸します。一方で業者は、お金を貸すことで自分のお金を稼いでいます。従って、業者では利息が発生することになります。

 

この2つの違いをしっかりと認識しておくことが大切です。そうすると、業者で借りるとデメリットばかりが目に付きますが、冒頭でも述べたとおり、精神的負担、人間関係の悪化を防ぐことができます。そのうえ、業者でキャッシングした場合は、融資以外にも様々なサポート、サービスを受けることができます。